ピアノの処分・買取に関するQ&A

アップライトピアノの音を消す方法はありますか?

アップライトピアノの音を消す方法はありますか?yahoo!知恵袋

アップライトピアノを普段通り自宅で弾いていたら近所の人にうるさいと言われてしまいました。
ピアノを弾く時は出来るだけ日中の音がもれてしまっても大丈夫な時間帯を意識していたのですが・・・
(ちなみに、夕方以降は一切ピアノは弾いていません)
アップライトピアノの音を消す方法ってあるんでしょうか?
また、専用の消音装置などがあるのでしょうか?
一般的に自宅でピアノを弾いている人はどのような対策をしているのでしょうか・・・
再度注意されてご近所の方とトラブルになってしまうのも怖いので、この際ピアノを処分してしまおうかとも考えています。

 
消音ユニットを付ける事でピアノの音を解消する事が出来ます。
自宅でピアノを弾く人であれば、誰でも1度は防音対策に関して興味を持つかと思います。
ピアノの音が原因となってご近所の方とトラブルに発展してしまったというケースも少なくありません。
アップライトピアノの音消しに関しては、後付けの消音ユニットを取り付ける事で音消しが可能となります。
消音ユニットと言われても馴染みのない人が多いかもしれませんが、普通のピアノが消音機能付きのピアノになるとても便利な装置の事です。
この装置を取り付ける事によって、ピアノの音をヘッドフォンから聞く事が可能となります。
しかし、一度取り付けてしまうと、ピアノが電子楽器となってしまうので、鍵盤のタッチが変わるといったデメリットも生まれてきますので、取り付けの際にはよく検討してから取り付けるようにしましょう。
とはいえ、最近の商品はかなり改良されており、鍵盤の下にセンサーを入れる事で、鍵盤の動きをセンサーで感知し、電子音を鳴らすという仕組みになっているので違和感自体も少なくなってきているようです。
いくら改良されているとはいえ、消音機能を取り付ける事で少なくとも今まで自分が弾いてきたピアノとは弾き心地などが変わってくるわけですから、多少なりとも不安は出てくるかと思います。
そのような場合には、店頭などで消音装置が付いているピアノを実際に弾いてみるのも良いかと思います。
実際に弾いてみる事で感覚もつかめるでしょうし、消音装置の取り付けに関して迷っている人にとって、実物に触れるというのは良い判断材料になるのではないでしょうか。
それでも消音装置付きのピアノに違和感を感じて嫌だという場合には、ピアノの処分も1つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

 
 

サイト管理人からのヒトコト

アップライトピアノの音を消す方法としては、消音ユニットをつけるのが一番手っ取り早くおすすめです。
でも、それでもやはり近所の方からクレームを言われたのであれば、消音ユニットをつけるのではなく、弾かないor処分を考えるのが一番妥当かなと思います。

またピアノを処分して、電子ピアノを購入するのもおすすめします。
電子ピアノはヘッドホンやイヤホンを使えるものがあるので、近所迷惑になることもありませんよ。

 

処分するときのポイント!高額買取してもらう!

ピアノを処分する際のポイントですが、買取してもらうのがおすすめです。
処分する際に業者を調べると思いますが、業者によっては悪徳な買取価格を提示してくるところや、逆に処分費用を払わないといけないところもあります。

ですので、一番高く買取してもらうのためには複数の業者に査定を依頼するのがポイントなんです。
とはいっても自分で買取業者を探すのは大変・・

 

そこでおすすめなのがピアノ買取一括査定サービスです。

ピアノ買取業者に一括で見積もり査定をしてもらうことができるサービスですね。
無料で利用でき、必ず査定してもらわないといけないというわけではなく、査定額を知るために使うこともできます。

また、メールでのやり取りで完結させることもできるのもポイントです。
電話で無理やり・・というトラブルを防ぐこともできますよね。

 

業者によっては、買取り価格に数万円~数十万円の差がつくことも

業者によって買取後の販売ルートが違うんです。
なので、特定のピアノは高く買い取れるけど、それ以外はあまり高く買い取ることが難しいといった具合に、得意・不得意なジャンルがあるようです。

なので、業者によっては、買取価格に数万円~数十万円の差がつくようですね。

一括査定は無料で利用できますし、その中で一番高い買取価格を提示した業者さんに最終的にお願いすればいいのでおすすめですね。

 

買い取ってもらったお金をピアノ購入費用に充てれる

そして、ピアノを高く買い取ってもらったら、新しいピアノの購入費用に充てれますよね。
電子ピアノの値段もピンキリです。

買取価格次第で、新しいピアノの予算も決めれるのではないでしょうか。

大好きなピアノを買い替えるときには、ワクワク・ウキウキしちゃいますよね。
ぜひ、この方法を覚えておいてくださいね。

 

ピアノ買取の関連記事

ページ上部へ戻る